かんたんお問い合わせ
オリシャン自作
オリシャンの自作は難しい?オリシャンを自作する方法は

2024.05.08. 更新

オリシャンを自作するならどうやってつくる?

オリシャンは今人気が高まっている注目の商品。スマホからお好きな写真を送るだけでオリジナルのシャンパンボトルを作れます。

人気の使い方はお店のロゴや写真を使ってオリジナルボトルを作りお店で販売することや、接客を行うお店でキャストさんやスタッフさんの写真を使ったオリジナルボトルを作ること。

写真を使ってラベルを作るため自作したいという声も多く、シールのように貼ることで自作できる例も。

しかしオリシャンの自作を試みる場合はいくつかの注意点もあります。そこで本記事ではオリシャンは自作できる?という疑問にお答えしてオリシャンの作り方やポイントも解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

オリシャンのラベルとは?

オリシャンの自作を考えるにあたってオリシャンのラベルの種類を確認しておきましょう。

オリシャンとひと口に行ってもそのラベルにはいくつかの方式があり、主なものでは、

・レーザー彫刻

・紙のラベル

・全面フルラッピング

の3種類があります。

このうち1つ目のレーザー彫刻は専用の機械を必要とし、ボトル自体を削っていく方式のため、個人でつくるにはかなり敷居の高いものです。

自作という意味では選択肢には入らない方式と言えるでしょう。

そこで残る2つの方法が候補に挙がります。

2つ目の方法の紙のラベルはイメージもしやすいものですが、では紙のラベルはどのように作ればいいでしょうか。

紙ラベルのオリシャンを自作

オリシャンは写真などを使ってオリジナルのシャンパンボトルを作るサービスですが、それを自作する場合は紙のラベルをシールとして貼ることで再現することになります。

ラベルシールは専門のラベルシール業者に注文する方法もありますが、この場合は一般的に数百枚などたくさんの枚数の発注となり予算もかかってしまうことから、ここでは自身でパソコンなどを使って数枚から数十枚といった単位の紙ラベルを作る方法を考えてみましょう。

この場合100円ショップやネットなどでシール用紙を購入し、自宅のパソコンとプリンターなどで好きな写真を印刷し貼り付けるという方法が一般的になります。

シール用紙はいろいろな大きさがありますが、どうしてもボトル上部のくびれた部分にはきれいに貼ることができず、ボトルの下部の筒状の部分にしか貼れないため、写真をプリントできる面積は小さくなってしまいます。

しかしこの方法であれば好きな本数のオリシャンを少量からでも作ることができます。

より具体的に見ていきましょう。

まずは印刷

自宅にパソコンとプリンターがない場合でも最近ではコンビニなどでプリントができるためプリント自体はできる環境があります。

ただしシール用紙にぴったりと位置を合わせて印刷することはそれなりの手間がかかります。

失敗したらシール用紙やインク代が無駄になってしまいますし、たくさん作る場合はたくさんの印刷が必要です。

また紙の質にも注意が必要です。

紙質によってはインクのにじみが発生してしまい、せっかくの写真がにじんでしまうことで品質を損ねてしまう可能性があります。

紙質を上げると値段が上がることも多いため、品質を求めるとコストがかかってしまう点には注意が必要です。

ボトルを選ぶ

自作したシールまたは業者に頼んで作成したシールが手元に用意できた場合、次に行う作業はボトルへの貼り付けです。

この場合いずれにせよ自作したシールを貼り付けるお酒の入ったボトルを必要な本数買う必要があります。

自作のメリットとして、シャンパンなどボトルの中身となるお酒の種類も市販品の中から自由に選べることが挙げられます。

しかし一方でデメリットとして、市販品のラベルをはがしてから自作ラベルを張ることになるため失敗した場合に汚くなってしまうことや、そもそもシャンパンボトルを買うためにそれなりの出費がかかることがあります。

万一失敗した場合のリスクや商品調達の手間なども考えると丁寧に時間をかける必要もでてきます。

また中身の入ったボトルとシール作成だけで数千円以上となることもあり、少しコスパの悪い場合もあるでしょう。

貼り付けた後の注意点

最後に注意点ですが、紙のシールであるため貼り付けた後は結露にも注意をしてください。

ボトルを冷やした場合などに水滴がつくことで紙のシールが剥がれたりにじんだりといったことも考えられます。

紙であることで色味の劣化も考えられ、お気に入りの顔写真やロゴマークなどがくずれないよう慎重に保管する必要があります。

紙のシールを自作することで世界にひとつのオリシャンが作れることは嬉しいメリットですが、たくさん作る場合や手間がかかるケースなど意外に高いコストとなってしまう可能性には注意をする必要がありそうです。

全面フルラッピングのオリシャンの魅力

紙のラベルは自作できる分、少し慎重な扱いも必要と言えそうです。

そこで注目を集めているのが、全面フルラッピングのオリシャンです。

オリシャンの魅力は写真をプリントした高品質なシャンパンラベルを作れることですが、全面フルラッピングであればボトルの全面に印刷できるため、写真を大きく、しかもフルカラー高品質の鮮やかな画質でプリントすることができます。

こうしたボトルはその品質からお店で販売する場合も高価格で販売でき、非常に高い利益率も達成します。

もちろん個人で使用する場合にも、一層記憶に残るプレゼントとして活用できるでしょう。

そのため、全面フルラッピングのボトルは今おすすめの方式と言えます。

全面フルラッピングボトルを自作するには

ただし自作という面では全面フルラッピングのボトルは少し難しく専用の機械を必要とします。

ですが、実はこのフルラッピングボトルは非常に安く注文できる点も特徴になっています。

例えば当店オリシャン専門店バビックでは、1本のコストは最低1,800円となります。

これには写真を印刷してボトルにきれいにラッピングすることや、お酒の入ったボトル自体の料金も含まれています。

さらに当店バビックではボトルデザインを専属のデザイナーが対応して作成します。

こうした工程も含めて1,800円から注文できるため、自作する場合の紙のコストやインクのコスト、ボトル自体を購入する料金と比較してむしろ非常に安く作成が可能と言えます。

ボトルの中身も13種類もの中から味を選ぶことができ、味の傾向も甘口辛口からフルーティーまで豊富です。

もちろんノンアルコールにも対応。ノンアルコールボトルはお酒の弱い方にも大変人気です。

さらに全国配送に対応し、納期も4営業日と非常に短くなっているため、自作することと比べてあまり変わらない手間で素早く手に入れることができる点も好評をいただいています。

ラベルの品質は専門の機械を使うため高画質で全面フルラッピングのフルカラー。この利点を生かすには専門の業者に依頼することが実は一番安く確実な方法となっています。

フルラッピングオリシャンギャラリー

コンカフェ編

ギャラリーコンカフェ編

人気キャスト編

ボトルギャラリー

誕生日ボトル編

誕生日ギャラリー

オリシャンの注文の仕方やよくある質問

オリシャンを業者やお店に注文すると言ってもやり方がよくわからない。

写真のやり取りはちょっと怖いといった疑問や不安点は以下の記事もぜひご参考ください。

オリシャン選びのポイント

また当店バビックの場合、注文にはLINEを用いるため、手間なくデザイナーとやり取りでき、また注文に至る手続きも非常に簡単です。注文の流れは以下の記事もご参考ください。

注文方法

全面フルラッピングのオリシャンならバビック

当店バビックは全面フルラッピングのオリシャンが好評をいただき、高い水準でお客様のご要望にお応えしています。

そのため累計販売本数は50万本、契約店舗数は2,500店舗を突破。全国の皆様にご活用頂いています。

オプションも豊富で光るオリシャンを作ることや、ネックラベルを変えることも可能。

自作では難しいこうしたプションも人気です。

全国の皆様からのご注文ギャラリーはバビック公式インスタグラムに掲載。こちらもぜひご覧ください。

商品一覧と【ご注文】は以下のリンクから

本記事ではオリシャンを自作する方法とその場合の留意点を見てきました。

今人気の全面フルラッピングのオリシャンを作る場合、自作は難しいものの、一層安く高品質で作ることができます。

バビックのオリシャンであればオリジナルラベルを低価格から作ることができて、しかも最短4営業日でお届け。

特別なラベルは、お好きな写真やデザインで。味の種類もフルーティーから辛口までお好みに合わせて選べる上に、ノンアルコールも選べます。

安くて高品質な全面フルラッピングオリシャンのご注文やさらに詳しい情報は下記のリンクから。ぜひご確認の上ご検討ください。

関連記事

オリシャンとは

オリシャンとは?基礎知識から活用方法まで

オリシャンの値段は?値段や価格を詳しく解説

ギャラリーコンカフェ編

オリシャンギャラリー:コンカフェ編。オリジナルラベルギャラリーと活用方法まで

店長さん必見:バーや飲食店の売上アップ術

Bubbicバナーモバイル